音程悪い?歌下手?音楽チャンプのイケメン、てつとの魅力

少し前になりますが、今夜、誕生!音楽チャンプで話題となったてつとさんのお話をしたいと思います。

てつとさんは小さい頃から内気で、音楽をしているときだけは楽しかったというご紹介で登場しました。

テレビで観てもすごく細かったので、実際にみたらもっと細いのだろうなという印象を受けました。

スポンサーリンク

歌い始めると、てつとワールドのはじまりはじまり。てつとさんの世界観がすさまじく、彼は「自分はこう歌いたい!」というのが自分の中ではっきりしているのだと感じました。

特に斉藤和義の「歌うたいのバラッド」が良かったですね。歌詞の意味をよく感じながら、誰かに伝えたいという気持ちを感じ取りました。

この番組は、チャンプくんという採点してくれるロボットがいます。そのロボット採点と、審査員が行う表現力採点とがありますが、ロボット採点は歌手にしては低い点数でした。音程も外れていた箇所が多かった影響でしょう。でも審査員の平均点が高く、決勝に進むことができました。審査員の菅井秀憲さん、森公美子さんはてつとさんの歌に感動させられ、涙を流していました。

てつとさんの歌には賛否両論あったようです。音程は外すし、素人のような歌唱力で、全然良さがわからないと言っている人もいました。でも私はてつとさんの歌、好きだなぁと感じました。

スポンサーリンク

てつとさんは、心で歌っている数少ない人の一人だと思ったのです。プロの歌手を目指すレベルまでいくと、「かっこよく歌わなきゃ」とか、「いい声で歌わなきゃ」というように、完璧を目指すようになると思うのですが、一番大切なのは完璧に歌うことではなく、自分の個性を最大限に引き出して、感情をぶつけることではないでしょうか?
芸術は正解がなく、好みも人それぞれ。ですから、どうすれば万人受けするかとか、そういうことを考えるべきではないと感じます。プロを目指すレベルまできたら、そんなことは気にせずに、自分の魅力を包み隠さずに表現できるようになるべきです。

八方美人になるのではなく、本音を言って自分を出していくのと同じように、音楽も、表面の綺麗なところだけを見せるのではなく、もっと汚くて貪欲な人間らしいところも見せていけると、本心が伝わるし、演奏は変わるのだなと、てつとさんを見て思いました。

こういう素晴らしい歌手がどんどん誕生していくことは嬉しいですね。もっともっと応援したくなります。

ちなみに、てつとさんのYouTubeチャンネルを見つけましたが、YouTubeでは特に音程外さず綺麗な歌唱力で歌われていますね。音楽チャンプではライブ感あふれていました。結構印象が異なりますが、どちらもいいなと思いました。

てつとさんのYouTubeチャンネルはこちら

関連ブログ
2月4日「今夜、誕生!音楽チャンプ」天才女子高校生、琴音さんの歌声と音楽の在り方
2月11日今夜、誕生!音楽チャンプ 菅井秀憲が泣いた、琴音さんの更なる美声。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る