ピアノの練習時間はどのくらい必要?量と質どちらが大事?

「ピアノは1日どのくらいの時間練習すればいいのでしょうか?」

という質問をいただくことが多いので、今回そのことについてお話します。

それは、その人のおかれる環境、状況によって大きく異なります。

ちなみに私の場合はこんな感じです。

今までの練習量を年代順にざっくりと書いてみました。

スポンサーリンク

幼少期〜現在までの練習歴

幼少期〜小学生
小さい頃はまず、どこからどこまでが練習なのか、境界線がよくわからない状態。
練習らしい練習ではなかったけれど、ピアノで遊ぶことは好きだったので毎日のようにひたすら弾いていました。

楽しかった思い出の方が強く記憶に残っています。

中学、高校生
専門的に音楽をみつめるようになって、音楽科の学校だったこともあり、1日平均1時間くらいは練習するようになりました。

以前は練習が楽しかったけれど、この頃から辛い、大変と感じるようになりました。
音大受験の高校3年生のときは、毎日ほぼ一日中練習していました。

受験前は夢の中でもピアノを弾いていた気がします。

・音大生
より専門的に音楽を学ぶことになり、練習量も増えたように感じます。

バイトや遊びで弾けない日もありましたが、1日2、3時間くらい、多い時は5時間とか弾いていたと思います。
週1回のレッスン、そして年2回の試験に向けて、ほぼ毎日練習に追われていました。

とってもキツかったけれど、周りの仲間から刺激を受けたり支えあったりしながら頑張れた4年間でした。

プレッシャーもあったけれど、今となっては貴重ないい思い出です。

音大卒業後〜現在

週5日の仕事がメインになってしまい、どうしても空き時間の練習になってしまいがち。
全く弾けない日もあれば、2、3時間くらい頑張れる日もあります。
平均すると30分〜1時間くらいになるのかもしれません。

練習がメインだった学生時代とは違い、「今しか練習できない!」という時に焦って無理やりつめこみ練習をするようなことも多く、手を痛めることも何度か起こります。

焦って練習すると良くないですね。。

このように、その時に置かれる状況によって練習量は当然変わってきます。

練習すればするだけ、その曲は身体に入ってきますし、いずれは勝手に指が動くくらいになるでしょう。

私はたまに、譜読みが終わって慣れてきた曲を考え事をしながら弾いていて、気がついた頃には曲が終わっていた、なんてこともあります。笑

このことを話すと、「わかる、わかるー!」とすごく共感してくれる人と、「えっ大丈夫かなこの人…」というような目で見てくる人がいます。

でも、「考え事しながらでも弾ける、気がついたら曲が終わっている」ということは、もう自分の身体にその曲がかなり馴染んできている証拠なので、必要なことだと思います。

たくさん練習すればするだけ、自信が持てます。

たとえば本番があるのだったら、本番当日「これだけ練習したのだから大丈夫!」という自信に繋がるのです。

「自分の気の済むまで練習する」というのが理想です。

スポンサーリンク

練習量と上達は必ずしも比例しない

ただ、ここで言っておきたいのは、「練習量と上達は必ずしも比例しない」ということです。

私は、練習をなかなかする気になれなくて困っている生徒さんには「1時間イヤイヤ練習するよりも、とにかく1日10分だけ集中してみてください」と言うようにしています。

ピアノの練習の場合も、「量より質」。

これはさまざまなことに当てはまると思います。

もちろん、弾けないところを弾けるようにするには10分の練習では足りないのですが、1日10分、いや、5分でもいいから、少しでも集中して練習したほうが絶対に上達は早いはずです。

また、5分頑張ったことで「もう少し弾こうかな」という気持ちになれる時もあると思います。

気がついたらあっという間に時間が過ぎているかもしれません。

反対に5分だけ集中して、「今日はもう疲れた」と思う日もあっていいのです。

人間ですから、日によって波はありますよね。

「嫌だなぁ」と思いながらだらだら練習するよりも、「今だけ集中しよう」と、気持ちを切り替えて短時間で練習するほうが確実に効率がいいです。

とはいえ、ピアノの椅子に座ったはいいけれど疲れて眠くてしょうがない日は、とりあえず指だけ動かす。

そんな日もあると思います。

それはそれで、さきほど書いたように身体に染み込ませる、慣れさせる練習にもなるので、私も疲れた時はそうしています。

「〇時〜〇時まで練習しよう」とか「〇時間頑張ったから大丈夫」というように時間で判断してしまうのではなく、

「今日はここまで弾けるようになろう」とか「今日はこれだけ弾けるようになった」とか「かなり集中できた」とか、その日の練習がどれだけ充実したかということを重視しながら練習されることをオススメします。

スポンサーリンク

「練習」という義務的な言葉にとらわれない

ピアノの練習はきつい時もありますが、練習の密度や充実度が高いほど、効果があり、弾けるようになったときの達成感はたまりません。

音楽はたとえ趣味であっても、プロであっても、楽しむものには変わりありません。

「練習」という義務的な響きのする言葉にとらわれず、あまりストイックになりすぎずに、ピアノライフを楽しんでください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る