子どもがピアノレッスンを習う意味、効果はある?人生勉強にもなる

「ピアノを習うことで何か効果やメリットはあるのでしょうか?」

というご質問にお答えしたいと思います。

ピアノを弾くことで得られる効果やメリットは、子どもが習うのか、大人が習うのかでも変わってきます。

スポンサーリンク

今日は子どもについてです。

子どもたちにとってピアノを習うことは、音楽の楽しさに気がつくチャンスです。

テレビで流れているお気に入りの歌を弾けるようになりたい、〇〇ライダーのあの歌も、〇〇姫のあの歌も、こんな自分でも弾けるようになるんだ!という発見があります。

弾けるようになるとすごく嬉しい、楽しい!という気持ちになれます。

ただ純粋に楽しいことだけをやりたい時期です。

でも大好きな曲を弾けるようになるためになら面倒なことも少し我慢して練習を頑張れるから、乗り越えられます。

遊び感覚で楽しいことをやって気がついたらレベルアップしてるのが理想ですね。

スポンサーリンク

年に1,2回ほど発表会という場があると、発表会に向けて目標をたてて頑張ることが出来るし、周りの生徒の演奏を聴いて刺激も受けることができ、レベルアップにもつながります。

準備は辛いけれど、準備しただけうまくいくということを学ぶことが出来ます。

達成感を味わうことでまた頑張ろうと思えるのです。

生きていく上でそういうシーンは何度も遭遇します。

人生その積み重ねではないでしょうか?

だから人生勉強にもなるのです。

何ヶ月後に本番だから、いつまでにこうしなければ、という計画をたてる力が自然と身についていきます。

小学生くらいになると、私は生徒に問いかけて自分で考えさせ、計画を立ててもらったりしています。

面倒なことかもしれませんが生きていく上で計画を立てるという行為はとても重要ですよね。

先生がうきうき楽しみながら導くような人だったら子どももそれについてきますし、つまらない物事でも楽しく思えてくるのです。

ですから、担当の先生の性格によってもピアノを習うことのメリットは大幅に変わってくるでしょう。

もうひとつのピアノを習うことで得られるメリットとしては、「継続する力がつく」ことです。

「継続は力なり」ということわざはよく耳にしますよね。

人生を豊かにするには、やり続けなければならないことや、やり続けるといいことがある、そういったことがたくさんあります。

毎日コツコツ勉強することで入れる大学のレベルが上がってきますし、勉強をして知識が増えることでできることも広がってきます。

ブログだって毎日コツコツ記事を更新すると成果が出てきます。

何でも継続するとすぐには成果が出なくても、やがて結果として出てくるのです。

そういった力を、ピアノを習うことでつけることができると私は思っています。

習い始めた頃は簡単で、すぐにクリアできていたけれど、曲のレベルが上がってくると練習を継続しないとそう簡単には弾けるようになりません。

でも、少し面倒なことも乗り越えて正しい練習を続ければやがて上手になる時がきます。

ピアノはその繰り返しです。

1曲1曲クリアしていく。

やっているうちに、それがどんどん楽しくなってきます。

ピアノを習うことで、人生を豊かにすることができるのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る