優先順位のつけ方、今やるべき事「君の膵臓をたべたい」の感想

私はよく、今自分の最もすべきことはなんだろう?と考えます。

優先順位をつけるとしたら第1位はなんだろう。

今、最も優先すべきことから片付けていく。

これはとても重要なことだと思うからです。

では自分の人生を全体的にみてみます。

大まかにみて、今、何をすべきか?と考えた時に、私くらいの20代の年齢だと、「働くこと」な気がします。

バリバリ働いて、お金を貯めるべきです。

なぜなら今はいちばん働き盛りで、お金を貯めるなら今のうち、結婚して子供を望むのなら、子育て、住宅ローンのための貯金を必死でするべきです。

結婚しなくたって生きていく上でお金は必要です。

将来のために、老後のために貯金をしておくと安心ですよね。

お金は非常に大切です。

しかし、だからといってお金のことだけを考えてバリバリ働くことだけをすべきなのでしょうか?

本当に何を優先すべきかは、決して「働くこと」だけではないと思います。

ひとつのはっきりとした答えが出せない。

なぜなら、もし「働くこと」しかせずに20代を終わらせてしまったら、あっという間に結婚、子育てがはじまり、気がついたら年老いている。

仕事以外に、もっと吸収すべきことはなかったのか?旅行したり、美味しいものを食べたり、好きな仲間たちと過ごしたり。

そういったことはせずに歳をとってしまった。。。

ただの遊び、逃げともとらえられるかもしれませんが、人生働くことが全てではないと私は思うのです。

あるいは、将来家庭を持つためにバリバリ働いてお金を貯めている途中に、残念ながら一生を終えてしまう可能性だってあるのです。

住野よるさんの本「君の膵臓をたべたい」を読みました。主人公はまだ高校生なのに、その生涯に幕を閉じます。

悲しいけれど、いつ死ぬかなんて誰にもわからない。

明日生きているかなんて、誰にもわかりません。

それなのに、将来のことだけを考えて毎日苦しく働き続けるというのも、やはり違うのかなと私は思うのです。

それでは反対に、いつ死ぬのかわからないなら自分のやりたいことだけをやるのはどうでしょうか?

自分のやりたいこと=楽しい、心地いいと感じることだと思うので、そりゃ誰だってやりたいことだけをやっていたいですよね。

それが結果的にお仕事(収入)につながるのなら尚いいのですが、、例えば遊んでばかりいると当然いつかお金がなくなってしまいますよね。

やはり、やりたくないことだってしなきゃいけない時がきますし、家庭を持つと経済面、子育て、人間関係など、たくさんの困難を乗り越えなければならないでしょう。

もちろん楽しいことだってたくさんありますが。

こう考えると、結局、極端は良くないということに気が付きます。

だから、細かい優先順位はあるとしても、全ての事をバランスよくやっていくのが人生安泰に近づける秘訣なのかなって思います。

死ぬ時に後悔しないように、何事もまんべんなく全力でやり遂げること。

平和で、やりたいことが自由にできるこの国に生まれた私たちなのだから、そのことに感謝し、生きている限り、この世にあふれるたくさんの物事に触れて、それが経験となり財産となれば幸せだなと思います。

もちろん、ボーッとしたりすることもひとつの立派な経験、財産ですよね。

でも、ずーっとボーッとしているといつのまにか歳を取って、「あの時、あれをやっておけばよかった、もっと勉強しておけばよかった…」という後悔をすることになると悲しいので、働くのも遊ぶのもぼーっとするのも何事も全力で、まんべんなく行うのが私の理想としていることです。

自分自身の気持ちの切り替えが上手になれれば、上手くバランスを取れるようになるのです。

と言っている私はとても不器用で、バランスをとるというのはすごく難しいなぁと、日々感じています。

私は物事について考えすぎるところがあるので、考えすぎず、考えなさすぎず、その中間にバランスがとれる人になるべきかもしれませんね。

今日は私が日々感じている、何事もバランスが大事だというお話でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君の膵臓をたべたい [ 住野よる ]
価格:720円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る